盗聴 盗撮 調査 発見 撤去のiロックセキュリティ

email info@i-lock.jp お問い合わせフォーム
※盗聴被害を防ぐ為に、メールかお問い合せ
フォームのご利用をお勧めします。
HOME お問い合わせ サイトマップ
HOME > 発見調査 撤去作業の流れ

発見調査 撤去作業の流れ

iロックセキュリティーの調査方針

◆ iロックセキュリティーの調査時間設定基準について
他社の調査時間より長く掛かりますが、 iロックセキュリティーは調査料金を頂く以上調査漏れは絶対にあってはならないと考えます。

◆ iロックセキュリティーの調査料金設定基準について
盗聴盗撮調査業は経費の約30%が調査機材代になります。結果、調査件数が多ければ調査1件あたりの調査機材ご負担額は少なくなり、お客様にお支払い頂く料金も安く設定できる訳です。

通常は調査対象物(建物)内で調査を実施しますが、同居人 盗聴盗撮犯等に調査実施を知られたくない場合は、調査対象物(建物)近くに弊社調査車両を配置しての調査が可能です。
※撤去作業は調査対象物(建物)内で行ないます。

■発見調査 撤去作業はこのような流れになります


1.電話、メールにて調査のお申し込みをお受けします。ご希望の調査日時をお知らせ下さい。尚、お電話でiロックセキュリティーにご依頼の際はご自宅外よりお電話される事をお勧めします。

2. お約束の時間にお伺いします。尚、営業車にiロックセキュリティー等の文字は入っていませんので、ご近所の方へはわかりません。

3. 日本情報漏洩管理協会の身分証明書をご依頼主に提示後、調査申し込み承諾書にご記入頂きます。

4.ご依頼主立会いのもと、盗聴調査盗撮調査を開始します。

5. ご家庭内にある電器製品、コンセントタップ、電話回線等全てONにします。

6.外扉を全て施錠し、内扉を全て開放します。

7.複数の最新盗聴調査盗撮調査機材と弊社の豊富なノウハウで盗聴盗撮電波の有無を調べます。
調査時間は調査面積、電波環境等により 30分〜3時間程かかります。

8.盗聴盗撮電波が無ければ保証書(調査証明書、調査結果報告書)をお渡しして終了です。

9.盗聴盗撮電波が存在した場合、ご依頼主に電波の確認をして頂き、盗聴発見盗撮発見、撤去の同意を頂きます。

10.盗聴発見盗撮発見、撤去作業を行います。調査時間は調査場所の広さ、電波環境、時間帯、設置場所により 30分〜2時間程かかります。

11.撤去後の電波確認を行い、調査時の器物破損チェックをして頂き、保証書(調査証明書、調査結果報告書)をお渡しします。

12.今後の盗聴対策盗撮対策(予防策や再発防止策)についてお話しします。

※ 電話回線上に盗聴器があった場合はNTTの立会いが必要になる場合があります。
※ 犯罪性、悪質な場合は警察の立会いが必要になる場合があります。
※ 警察署に被害届を出されるお客様は、証拠保持として調査作業中のビデオ撮影をおすすめします。ビデオカメラをお持ちでないお客様にはビデオカメラをお貸ししますので調査依頼時にお申し込み下さい。

フリーダイヤル/盗聴 盗撮 調査 発見 撤去のiロックセキュリティ

このページの先頭へ

Copyright(C)2004 i ロックセキュリティー All Rights Reserved.